ディズニー英語システム DWEの本当の魅力「続けられる秘訣は?」〜3年目・現役ユーザーが感じるWFCの素晴らしさ〜

1. はじめに

我が子がディズニー英語システム(DWE)を始めたのは

2歳8ヶ月の頃でした。

ワールドファミリークラブ(WFC)も同時に入会しています。

DWEを始めてWFC会員になって丸3年になろうとしています。

まだ2歳の頃 Play Along を掛け流し中
〜DWEの教材マラカスで遊んでいます〜

現在 5歳の娘にゃんはライムキャップを取得し

今も楽しみながらイエローキャップに挑戦中です。

もちろん 停滞期もありました。

でも それを乗り越えられる仕組みがDWEとWFCには用意されています。

WFCの心踊るイベントやキャンプです。

3歳はじめてのサマースプラッシュに参加
〜誇らしくライトブルーキャップを被っています〜

イベントやキャンプに参加すると元気と勇気とやる気がもらえます。

素晴らしい先生方が応援してモチベートして下さるからです。

そして英語って楽しいを身をもって体験させてくれるのです。

親子で自然と笑顔になります(^-^)

そして毎回「また行きたい!」となります。

またWFCのご家族も素敵な方々が多いです。

イベントやキャンプでご一緒したご家族と色々な体験や悩みを共有して

お話しが出来るのはとてもありがたく貴重な機会です。

WFCのイベントやキャンプは

子どもだけでなく親の私達も感動と学びがあります。

その感動と学びが心の栄養となり

英語学習を続けていく原動力になります。

だから 我が家の英語学習はDWEが基本になっています。

ちなみに キャップとは一種のグレード認定の様なものです。

ワールドファミリークラブWFCの会員が利用できます。

ライトブルー→ ブルー→ グリーン→ ライム→ イエロー

となっています。

PASS(合格)すると実際にCAPが届きます。

5歳5ヶ月でライムCAPをPASS
〜ACTIVITY CAMP 稲刈りに被って行きました〜

2. WFCの魅力 その1〜計画的な子連れイベント〜

ディズニー英語システムDWEに出会う前の我が家は

トーマスのショー

ノンタンのショー

しまじろのショー

など乳園児向けのショーを探しては観に行っていました。

NHKの「おかあさんといっしょ」ショーも応募したりしました。

(残念ながら当選しませんでした(^_^;))

週末に何か楽しい事を!

と考えて色々なイベントを探し回っていました。

運とネットを頼りにイベントを探していた状態です。

共働きフルタイムの我が家は

平日に我が子と充分に一緒に居てあげられない後ろめたさもあり

お休みをスペシャルに過ごしたい思いが強かったのです。

しかし

運と気まぐれに見るネット情報でのスケジュール管理は限界がありました。

いつも 子連れイベントを求めて彷徨っていました。

それが

ワールドファミリークラブWFCに入会してからは

スマホでWFCのサイトでイベント情報を確認できて

そのまま申し込みが出来るので

子どもイベントのスケジュール管理がとてもし易くなりました。

計画的にイベントに参加できるので

そこまでにCAPに挑戦しよう

新しい色のCAPを持って行こうと英語学習の計画も立てやすいです。

まさに一石二鳥です。

3.WFCの魅力 その2〜先生方の使命感と情熱〜

そもそも

イベントはディズニー英語システムと連動しているので

英語学習のアウトプットの場になるという素晴らしい仕組みです。

フロギー&バニー SHOW “ONE SUN”
〜DWEオリジナルキャラクターであるフロギー&バニーはこども達に大人気〜

先生方の使命感やホスピタリティも素晴らしく

ショーのクオリティーが高くて いつも感動します。

先生方はいつも全良投球で子ども達と接してくださります。

ACTIVITY CAMP 稲刈りに行くバスの中で
〜TJ先生とDAVINA先生〜
とっても盛り上がってます(*^o^*)

そして

優しく情熱を持って子ども達のみならず我々親の

英語のやる気スイッチをポチッと押してくださいます。

例えば

我が家の場合ですが

グリーンCAPをPASSしてから

約一年半ほどCAPの取り組みが停滞してしまいました(涙)

パパが半年ほど単身赴任の時期で

ママはワンオペ育児と仕事で疲労困憊し余裕が無かったのです。

しかも

保育園から幼稚園の年少に入園したので環境の変化もありました。

一度 取り組みが止まってしまうと

再開するのは至難の技になってきます。

母は歌を録画したりアップするのが面倒

子どもは適当に自分の歌いやすいように歌っちゃう

わからない歌詞をスキャットしちゃう

テレフォン・イングリッシュでモジモジしちゃう

という風に

いちいち ダラけてしまうのです。

継続していてルーティンが出来ている時は10分も掛からない事に

一時間かかったりします。

そしてPASS出来ないと親子でテンション下がってしまい

ますます遠ざかってしまうのです。

そして やがて 取り組みをしなくなるワケです。

そんなある日

SUMMER CAMPに参加した時にアンドリュー先生が

「いつまで同じ色のCAPを被っているの?」

「次に色のCAPに挑戦しないとダメだよ。」

「あなたなら出来るって知っているよ。」

と励まして下さり親子でやる気スイッチがポチッと入りました。

SUMMER CAMP でANDREW先生と
〜親子で見事にやる気スイッチが入りました〜

その後は

一ヶ月ちょっとでライムCAPをPASSできました。

取り組み中断前の貯金(PASS済の課題)があったので

残りの4つを最速でPASSしました。

4.DWE の魅力 〜おうち英語の醍醐味〜好きな時に 好きなように 好きなだけ

ディズニー英語システムDWEの魅力は

好きな時に 好きなように 好きなだけ 出来る事です。

好きな時・・・

我が家は共働きなので「おうち英語」というコンセプトが非常に響きました。

送り迎えの手間が無い

何かをしながら学習できる

という事がピッタリとはまりました。

ちなみに我が家の取り組み方は

主に朝起きてから登園までは Sing Along CD掛け流し

帰宅してお風呂の時間は Straight Play DVD

お風呂上がりから夕食の間は Sing AlongまたはStory and Songs CD掛け流し

夕食後から寝る前まで Step by Step をする(たまに)

寝る時に Bedtime Reviews のCD掛け流し

どこかの隙間時間でトークアローン・カードを通す。

という感じです。

掛け流しなので

何かしながら出来る事がありがたいです。


好きなように・・・

スタートし始めの2歳の頃は

プレイアロンのおもちゃでゴッコ遊びをずっとやっていました。

我が家はCDをずっと掛け流しているので

遊びながら自然とシチェーションにあった歌を口ずさむ事もありました。

(今も変わらず歌を口ずさみます)

そして今も昔も変わらずですが

我が子はもともとディズニーのプリンセスが大好きです。

もちろんミッキーやミニーも大好き。

ディズニーランドや

ディズニーオンアイスなどと

絡めてディズニーの一環で英語を学べる事もDWEの魅力です。

DWEやディズニー関連グッズ
〜シンデレラの馬車のポップコーンバケット や オンアイスでの 綿あめのオマケのクラウン〜

好きなだけ・・・

集中している時は子どもが飽きるまで思う存分に出来る事が魅力です。

最近だとステップ・バイ・ステップにハマると永遠とやっています。

主に時間のとれる週末にしていますが

寝る時間が遅くなります(^_^;)

逆にやる気がないというか

疲れている時には掛け流しだけをします。

時間や費用のロスが無くて

無駄にイライラしなくて良いです。

5.最後に

「ディズニー英語をやっている」

というと皆さん興味津々ながらも半信半疑な反応です(^_^;)

正直 我が家もお話しを聴く前はそうだったので

お気持ちは解ります。

ですので

このブログで我が子の成長を綴りながら

DWEの魅力やWFCの素晴らしさを

お伝え出来たらと思います。

DWEは長く無理なく学習出来るので長い目でみたら

適切な価格ですし

WFCはCAPやテレフォン・イングリッシュ

CAMPやイベントの運営費などなので

これまた適切な価格だと思います。

一見は百聞にしかず

なので魅力いっぱいの楽しい写真も紹介していきたいです。

ちなみに

我が家がWFCのイベントに初参加して感じたのは

こんなに沢山のDWE KIDS がいる=英語熱心なご家族が沢山居る

という驚きでした。

地方在住なので尚更 驚きました。

さらに

その英語教育のクオリティの高さと使命感と情熱に心打たれました。

次に感じた事は

もっと早くに始めたかった

です。

英会話が得意な我が子ですが

もっと早くに始めていたら

もっと自由自在に英語を喋ることができたのでは

と思います。

とは言え

まだまだ5歳なので

色々な事に挑戦して

世界に羽ばたいて欲しいです。

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村
家族・子連れ旅行ランキング

【関連記事】
・DWEってどう?イベントは?中古は?〜よくある質問〜DWE歴3年の我が家の回答

・DWEもバイオリンも掛け流し〜SUZUKI METHOD 母語教育法〜イメージトレーニングで練習しよう!!

・DWE・WFC「クリスマス・イベント2019」オーストラリアを学ぶ


最新情報をチェックしよう!