5歳娘にゃんホノルルで医療機関へ〜加入していて良かった海外旅行保険〜

ホノルルに到着した日は雨と曇りを

行ったり来たり。

でも気分が盛り上がってるので

プールへダッシュ。

プールが温水?(それとも太陽の力?)

な事もあって満喫。

その晩からお咳が出始めましたσ(^_^;)

お咳はたまに出る程度で軽かったので

念の為持参した市販薬を飲んで様子見で。

でも 段々とお咳の頻度が高まり

ついには就寝中に

自分のお咳で目覚めてしまいました。

これはダメだと直感で感じ

嫌がる娘ニャンを説得して

シェラトンに併設している

ドクターズオンコールへ。

日本語で対応出来るとの事でこちらへ。

ドキドキしながら伺うと

受付の方が日本語でテキパキと対応して下さり

ドクターには通訳の方がついて下さり

至れり尽くせりでした。

もっと早く来るベキだったと大いに反省。

簡単な指示は理解出来る娘にゃんは

ドクターと通訳の方に褒めてもらい上機嫌に。

海外の方は褒め上手なのですね^_^

そしてお支払いは不要でした✨

他の方のやり取りから200〜400ドル位かなぁ

でもしょうがないなぁ。

保険使えるかなぁ。

などと胸中ドキドキでしたが

保険適用可能で

かつ提携医療機関との事で

立て替えも不要でした。

hiroさんのブログを拝見して

保険って大事だと感じで直感で空港で

加入しておいて本当に良かったです!!

まさかの場合に本当にありがたかったです。

建て替えも必要なくキャッシュレスで

受付の方も手慣れていらして

テキパキ記入すべき箇所などを

教えて下さいました。

本当にもっと早くに来るべきでした。

因みに我が家は保険は

空港で東京海上の自動販売機で加入しました。

また万が一

海外で医療機関を受診の際には

1.海外旅行保険の加入がわかるもの

(我が家の場合は加入後にメールが来て

リンクから加入内容書のような書類をPDFで

入手できました。)

2.パスポート(親子両方)

3.纏まったお金かカード

(提携医療機関でないと立て替えが必要。

医療機関によってはカード払が可能。)

を持参して受診するとスムーズだと思います。

受付で保険加入の有無を尋ねられますが

加入してるけど証明出来る物をお持ちでない方

は受付に時間がかかっているようでしたし

建て替えになるようでした。

何も無い事が一番^_^

でも万が一には保険は

大きな安心になりました。


家族・子連れ旅行ランキング にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

ドクターズオンコール ハワイ シェラトン リッツカールトン SPGアメックス ポイント宿泊 子連れ旅行
最新情報をチェックしよう!